穴だらけの持論

持論展開オタク、全力で乗っかっていく

シンゴジラの感想です。

 

・ごじらこわい

第一形態怖すぎ。夢に出る。ゴジラ、だいたいのかたちは分かっていたのでつい昔からのアレを想像してしまっていて度肝を抜かれました。誰でも新鮮な恐怖が味わえるのですてきな演出ですねえ。

 

石原さとみちゃんと市川実日子ちゃんの対比

ヒロインふたりともくそかわいいかよ…私はもう主人公はどうでもいいからあの2人の関係性を描いた本を所望しています…

石原さとみちゃんのキャラはボンキュッボンで長い髪がサラサラでメイクが完璧で、おしゃべり。なんですけど市川実日子ちゃんのキャラはスレンダーで短いボサ髪ですっぴん。理系ぽい喋り方…みたいなはっきりした対比がよかった。この2人のキャラはアニメ感があって、ああそういえば監督、となる感じでした。

 

・構図の簡略化

機能としての政府があって、アツさで突っ走るヒーロー主人公で、ヒロインがいて例の国があって、大きくて逆らえない敵に立ち向かうそれだけ!おわり!ですごい。ひとつひとつの描写のクオリティが高いので年齢関係なく楽しめるポイントがあるのがよい。

 

・日本vsゴジラなのだがゴジラ地震となっており闇が深い

最初のほうに家が流されてくシーンがあったと思うんですが、あれはさきの震災の折に流れた映像をかなり意識しているものですよね。

ゴジラの上陸も、一回でかいのがどーんときて、おさまったかと思ったらもう一回、もっとすごいのがどーんときて、放射能の被害が出て、ゴジラの分裂の可能性がわかって、これから先、絶対になくならない3度目以降のどーんの可能性がある。私たちは共存の可能性を探らなくてはならない…といった流れで、酷似しています。違うのは核落とすうんぬんといったところですが、別にこの映画、脅威を他国からの侵略とみても良いとは思うので、核を使わない・使わせないためには今回の国の対策だとか自衛隊とかが必要だとおもいますよー、と言われた気もしなくはないです。

 

・日本人のための映画

アメリカ人超テンプレだな!以上です。

 

・ほとばしるヱヴァ感

特に中盤の合唱入りの音楽、完全に序破急でした

 

・どしらそらしどしらー#

真ん中のソの音が違うのは、別のシリーズものの作品らしいです。半音階になっただけで凶悪さが出て、全音にするとロボ対戦みたいな壮大さが強調されるの、音楽の神秘って感じで好きです。

 

テニプリかよ 

テニスの王子様 手塚vs.跡部回を参照して下さい。映画館で爆笑した。

 

 

BL本レビュー祭り

おはようございます。みなさんは心にグッとくるBLを所持していますか?人生を豊かにするために好きなBL本を一冊所持しておきましょう。

 

今日はとうとう現実の重圧に耐えられなくなってブックオフでほもの本を購入してしまいました。受験期の取りこぼしが主ですので若干古いかもしれませんが、ストーリーが良いものが多かったので全力でオススメしようと思い書き記します。

 

 1.遠い日の蝶

遠い日の蝶 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 36)

遠い日の蝶 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 36)

 

 「G線上の猫」シリーズでお馴染みの宮城とおこさんの本。上シリーズのスピンオフとなっております。

年上カップルなところが本編との対比になっていて、大人だから本編カップルみたいに突っ走れないが故のすれ違いや悩み(とエロ)があるのがいいところ…両片思いセフレとかいう王道BLでした。割と少女漫画に近めの画風と王道が合ってて最高。G猫好きだった人は好きなんじゃないかな。今回買ったなかで一番BLっぽい本でした。

 

2.鈴付きネコはにゃおと泣く?

 

鈴付きネコはにゃおと鳴く? (フルールコミックス)

鈴付きネコはにゃおと鳴く? (フルールコミックス)

 

 ナナイタカさんの初コミックスだそうで。絵柄がかわいかったので手に取りました。終始ラブラブなあったかい日常系BL。エロも入っておりますがあんまりエロエロちっくじゃないところが全体の雰囲気に合っててよかったです。あと普通に手に取っただけなのにアニメイトオリジナル特典が付いてて舞い上がった。

 

3.密室の密かな星

 

密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)

密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)

 

 割とよくある、(実は受に惚れてる)スペックの高い攻×ちょっとアホでまっすぐな受って感じのドタバターシリアスありBL。主人公たちの名前も含めてストーリーにちょっとだけ絡ませてきているのがとても好きです。ただ攻側が受を好きになった理由もっと掘り下げてほしかったな〜〜関係性マンとしては〜〜

受の泣き顔が最高に好きな一冊でした。これはあんま本番って感じは無い。初々しく良い

 

4.リンゴに蜂蜜

 

 

リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)

リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)

 

 だいすきな秀良子さんの作品。絵柄が最高だ。欲のなさそうなやつの照れ顔が好物なので最高しか言うことが無い。

ええと、元ノンケ×ゲイがゆっくり愛を育んでる感じです。いちゃこらしてる割に主張してこない控えめな感じが和む。表題作ももちろんよかったのですがもうひとつ収録されていた前後編の「世界の終わりのなつもよう」 がもう本当によかったです。小説家になれず家に引きこもる毎日の主人公のもとに、全然話したことも無い高校のときの同級生が突然訪ねてくるところから始まります。あんまり言うと良さが薄れるので読んでくれ頼む。

 

5.500年の営み

 

500年の営み (Feelコミックス オンブルー)

500年の営み (Feelコミックス オンブルー)

 

 今回の本のなかでイチオシ。泣いた。

物語は突然の恋人の死と、恋人の代わりに作られたアンドロイドが出てくるところから始まります。

エロ無し、シリアスなSFBLです。いつかの年のこのBLがやばい!ランキングに入ってた気がします。BLというだけで敬遠しているみなさまに読んで欲しい作品。ただBLであることに意味があるとも思ってしまうので難しいところ…

未来世界が舞台なのですが、人類がそこに至るまでの過程とか未来世界の設定だとか、そこまでもんのすごく凝っているわけではないんですけど、もしかしたらあるかもしれないな、というレベルの突拍子さに収まっていて、それが急に未来世界に降り立った主人公の未来に対する納得感とちょうど同じくらいかなと思うのでとてもうまく感情移入できました。ラストの締め方も最高だった。

 

 

6.曲がり角のボクら

 

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

 

 短編集です。中村明日美子さんといえば「同級生」!ですけど、ウツボラとか、別にBL関係なくいろいろ描いていらっしゃるみたいです。これもちょっとほのめかすのが1話あるくらいで、あとは男女もの。青春!って感じで面白かったです。個人的には「さくらふぶきに咲く背中」が一番ぐっときました。清らかな女の子、尊い。別にBLじゃないですが、明るめの中村明日美子先生が好きなら普通におすすめです。

 

7.はたらけ、ケンタウロス

 

 

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)

 

 今回のBLじゃない部分イチオシ本。

えすとえむ先生の問題作。女性の社会進出みたいに、ケンタウロスの社会進出が受け入れられている時代。ケンタウロスが馬刺し食べたりします。めっちゃ面白いです。(もちろんBLです。)

人よりも長く生きるケンタウロスの、伴侶と歳をとっていく姿なんかもあって、関係性マンとしてはたまりませんでした。これもBLとしてじゃなくいち作品としておすすめしたい本。

 

 

 

長くなりましたが以上です。今回は豊作だった。また機会があれば小説版もレビューやりたいです。

 

あと界隈民で各書籍を借りたい者はご一報くださるよう。

カッコつけて生きたい

夏休みに入って、ぼーっとしたり音楽聴いたりカラオケ行ったり飲みがあったりそればっかりで、なんだか普通だなって急に思いはじめまして。いやこれが普通なの?ほんとに?ってなっちゃったんですよー。

 

みんなカッコつけないで生きすぎだと思うんです。

ふつうに生きてたら誰だってちょっと得意げな顔でイケメンはべらせたいでしょ?紅茶の香りで「ふーん、今日はアッサムなのね?」とか言いたくない?全身無印良品で犬連れてニコタマ歩きたくない…?今日も誰もいない部屋でモデル歩きして壁にヒザ強打しました。どうも。

 

どこでどう道を踏み外してちょっと歌好きなだけの女オタクやってるんだろうか。あ、ちょっと歌好きなだけのってとこは、カッコつけです。

 

さば

f:id:tmtm79548:20160712013132j:image

愛する後輩がサバを焼いてくれました。

クッションの下に開催費を献上したところ、「昭和臭い」「おばちゃん」などの感想をいただけてうれしい限りです。嬉しくねぇわ

 

とにかく、はじめて日常を観ました。ほのぼのシュールコメディといった感じで、内容も面白かったのですが、正直気合を入れて会を準備していた後輩の挙動が一番面白かったです。面白い回をメモったり要所要所で巻き戻したりしてくれました。普段の何十倍も輝いた眼をしてた。

私は先にお暇してしまいましたが、残った面子も広義の日常を楽しんだようでよかったです。ハースストーン目的じゃ多分人集まらないのに何かしらで集まるとハースストーン始まるアレ何なんでしょうね?

 

それじゃあわたしもこれから新しく組んだbeastドルイドで試合やるのでまた今度。

良い映画と酔いの宵

タイトル見てさすがに察してもらえると思いますが酔っています。ズートピアを観て参りました。ざっと簡単にまとめると、ディズニーらしさを失わせず人種差別という重いテーマを笑いも織り込んで伝えた全年齢向けの映画でした。
子供も見やすくという配慮なのかストーリーの筋自体はかなりわかりやすく、映画終わりの周りの会話を聞いても展開の読めなかった観客はほとんどいなかったかなあと思います。


まあどうでもいいんですけどね。
とにかく言いたいのは森川智之最高これに尽きます。私は重度の声優オタクでも何でもないので、BL界の帝王の名を聞くのは腰を痛めたとかいうニュース以来でした。こっちが腰砕けにされたわという感じです。ニックはいい。先に言っておきますがここから下はすべてニックの話です。ネタバレにならない程度に書いておきます。

初登場時ですでにわかりますね、この汚れた世界で生きてきて微妙にスレた少年という設定。あまりに純真なジュディちゃんのキラキラした瞳を見てかつて失った自分の夢を間接的に叶えられると感じたのもあるし、あっさりジュディの手伝いを承諾したのは彼女が録音を人質に取ったことで手伝う表向きの言い訳を作ってくれたからです。
ここで大事なのは、実はジュディがニックの優しさを信じているとか好きだとかそーんなフラグは一切立ってないここですね。
あまりに眩しい正義感で自分を必要としてくるかわいい女の子に、世界を諦めていたニック少年はふらふら惹かれていっちゃったわけですねかわいい。とてもかわいい。
終始ピンチが訪れても一回もジュディを見捨てなかったニック、そんな優しい一面を持ちながらも、人を騙し、自分の心も騙して生きていくニック。くそかわいいですね?ギャップ最高かよ。
さらに良くないのはニックが森川智之だってことですよね。男らしさの全くないちゃらちゃら〜根無し草〜俺はなぁんにも知らないぜ〜お嬢ちゃん?これ間違いなく次のイベントで本出る。

Twitterで随所に流れている問題のセリフですが、聞いた瞬間それこそ生物の本能に負けた。完全屈服、以上です

とにかくズートピアを今すぐ観に行き森川智之に屈服する悦びを知ってきて頂けますでしょうか。話はそれからだ


腹痛

腹が痛いとにかく腹が痛いんですけどどうしてくれるんですか?
大学と家と予備校の往復という立派な運動習慣を維持して毎日毎日健康な食生活万歳を叫んでラーメン食べてる私の何が悪かったの教えて神様。ラーメンは悪くない。

この世に生を受けてついでに腹痛持ちの命を背負って20年も経ったのに未だに腹痛に慣れません。腹をタコ殴りにされた数だけその辺のウェイをアイアンメイデンにかけたくなる。アイアンメイデンとか中学二年生の時聞いて以来ですね。とにかく今も腹が痛いのでエスカレーターで向かい合ってちゅっちゅしてるウェイカップルの間に割り込んで派手に腹パンを入れておきました。(エレベーターに乗った)

そういえば、腹が痛い腹が痛いと言っても目に見える怪我ではないので仮病だと思う奴がいますね。そういうやつのせいで腹痛持ちは永久に休みを得られません。だのでわたしは今日も何事も無いかのように予備校に行かなければならないわけです。あ、予備校行く前にラーメン食べなきゃならないわけです。あーお腹痛い。
それで東口に到着したところでちょっと見ない感じのスーツイケメンに声を掛けられたんですけど、喜び勇んでついていったらネイルのキャンペーンでした。さっさとラーメン屋行けばよかった。イケメンお兄さんの笑顔が腹痛で霞まないうちに退散しました。一体この世の何が私を救ってくれるんでしょうか。そろそろ入信しどきかな。誰かわたしにイブAとラーメンを下さい。


あ、ロッカー当たりました。やったね。