穴だらけの持論

良い映画と酔いの宵

タイトル見てさすがに察してもらえると思いますが酔っています。ズートピアを観て参りました。ざっと簡単にまとめると、ディズニーらしさを失わせず人種差別という重いテーマを笑いも織り込んで伝えた全年齢向けの映画でした。
子供も見やすくという配慮なのかストーリーの筋自体はかなりわかりやすく、映画終わりの周りの会話を聞いても展開の読めなかった観客はほとんどいなかったかなあと思います。


まあどうでもいいんですけどね。
とにかく言いたいのは森川智之最高これに尽きます。私は重度の声優オタクでも何でもないので、BL界の帝王の名を聞くのは腰を痛めたとかいうニュース以来でした。こっちが腰砕けにされたわという感じです。ニックはいい。先に言っておきますがここから下はすべてニックの話です。ネタバレにならない程度に書いておきます。

初登場時ですでにわかりますね、この汚れた世界で生きてきて微妙にスレた少年という設定。あまりに純真なジュディちゃんのキラキラした瞳を見てかつて失った自分の夢を間接的に叶えられると感じたのもあるし、あっさりジュディの手伝いを承諾したのは彼女が録音を人質に取ったことで手伝う表向きの言い訳を作ってくれたからです。
ここで大事なのは、実はジュディがニックの優しさを信じているとか好きだとかそーんなフラグは一切立ってないここですね。
あまりに眩しい正義感で自分を必要としてくるかわいい女の子に、世界を諦めていたニック少年はふらふら惹かれていっちゃったわけですねかわいい。とてもかわいい。
終始ピンチが訪れても一回もジュディを見捨てなかったニック、そんな優しい一面を持ちながらも、人を騙し、自分の心も騙して生きていくニック。くそかわいいですね?ギャップ最高かよ。
さらに良くないのはニックが森川智之だってことですよね。男らしさの全くないちゃらちゃら〜根無し草〜俺はなぁんにも知らないぜ〜お嬢ちゃん?これ間違いなく次のイベントで本出る。

Twitterで随所に流れている問題のセリフですが、聞いた瞬間それこそ生物の本能に負けた。完全屈服、以上です

とにかくズートピアを今すぐ観に行き森川智之に屈服する悦びを知ってきて頂けますでしょうか。話はそれからだ