穴だらけの持論

BL本レビュー祭り

おはようございます。みなさんは心にグッとくるBLを所持していますか?人生を豊かにするために好きなBL本を一冊所持しておきましょう。

 

今日はとうとう現実の重圧に耐えられなくなってブックオフでほもの本を購入してしまいました。受験期の取りこぼしが主ですので若干古いかもしれませんが、ストーリーが良いものが多かったので全力でオススメしようと思い書き記します。

 

 1.遠い日の蝶

遠い日の蝶 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 36)

遠い日の蝶 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 36)

 

 「G線上の猫」シリーズでお馴染みの宮城とおこさんの本。上シリーズのスピンオフとなっております。

年上カップルなところが本編との対比になっていて、大人だから本編カップルみたいに突っ走れないが故のすれ違いや悩み(とエロ)があるのがいいところ…両片思いセフレとかいう王道BLでした。割と少女漫画に近めの画風と王道が合ってて最高。G猫好きだった人は好きなんじゃないかな。今回買ったなかで一番BLっぽい本でした。

 

2.鈴付きネコはにゃおと泣く?

 

鈴付きネコはにゃおと鳴く? (フルールコミックス)

鈴付きネコはにゃおと鳴く? (フルールコミックス)

 

 ナナイタカさんの初コミックスだそうで。絵柄がかわいかったので手に取りました。終始ラブラブなあったかい日常系BL。エロも入っておりますがあんまりエロエロちっくじゃないところが全体の雰囲気に合っててよかったです。あと普通に手に取っただけなのにアニメイトオリジナル特典が付いてて舞い上がった。

 

3.密室の密かな星

 

密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)

密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)

 

 割とよくある、(実は受に惚れてる)スペックの高い攻×ちょっとアホでまっすぐな受って感じのドタバターシリアスありBL。主人公たちの名前も含めてストーリーにちょっとだけ絡ませてきているのがとても好きです。ただ攻側が受を好きになった理由もっと掘り下げてほしかったな〜〜関係性マンとしては〜〜

受の泣き顔が最高に好きな一冊でした。これはあんま本番って感じは無い。初々しく良い

 

4.リンゴに蜂蜜

 

 

リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)

リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)

 

 だいすきな秀良子さんの作品。絵柄が最高だ。欲のなさそうなやつの照れ顔が好物なので最高しか言うことが無い。

ええと、元ノンケ×ゲイがゆっくり愛を育んでる感じです。いちゃこらしてる割に主張してこない控えめな感じが和む。表題作ももちろんよかったのですがもうひとつ収録されていた前後編の「世界の終わりのなつもよう」 がもう本当によかったです。小説家になれず家に引きこもる毎日の主人公のもとに、全然話したことも無い高校のときの同級生が突然訪ねてくるところから始まります。あんまり言うと良さが薄れるので読んでくれ頼む。

 

5.500年の営み

 

500年の営み (Feelコミックス オンブルー)

500年の営み (Feelコミックス オンブルー)

 

 今回の本のなかでイチオシ。泣いた。

物語は突然の恋人の死と、恋人の代わりに作られたアンドロイドが出てくるところから始まります。

エロ無し、シリアスなSFBLです。いつかの年のこのBLがやばい!ランキングに入ってた気がします。BLというだけで敬遠しているみなさまに読んで欲しい作品。ただBLであることに意味があるとも思ってしまうので難しいところ…

未来世界が舞台なのですが、人類がそこに至るまでの過程とか未来世界の設定だとか、そこまでもんのすごく凝っているわけではないんですけど、もしかしたらあるかもしれないな、というレベルの突拍子さに収まっていて、それが急に未来世界に降り立った主人公の未来に対する納得感とちょうど同じくらいかなと思うのでとてもうまく感情移入できました。ラストの締め方も最高だった。

 

 

6.曲がり角のボクら

 

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

 

 短編集です。中村明日美子さんといえば「同級生」!ですけど、ウツボラとか、別にBL関係なくいろいろ描いていらっしゃるみたいです。これもちょっとほのめかすのが1話あるくらいで、あとは男女もの。青春!って感じで面白かったです。個人的には「さくらふぶきに咲く背中」が一番ぐっときました。清らかな女の子、尊い。別にBLじゃないですが、明るめの中村明日美子先生が好きなら普通におすすめです。

 

7.はたらけ、ケンタウロス

 

 

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)

はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)

 

 今回のBLじゃない部分イチオシ本。

えすとえむ先生の問題作。女性の社会進出みたいに、ケンタウロスの社会進出が受け入れられている時代。ケンタウロスが馬刺し食べたりします。めっちゃ面白いです。(もちろんBLです。)

人よりも長く生きるケンタウロスの、伴侶と歳をとっていく姿なんかもあって、関係性マンとしてはたまりませんでした。これもBLとしてじゃなくいち作品としておすすめしたい本。

 

 

 

長くなりましたが以上です。今回は豊作だった。また機会があれば小説版もレビューやりたいです。

 

あと界隈民で各書籍を借りたい者はご一報くださるよう。